2000年、IT革命の波が日本を席巻していた頃、国立大学の物理学研究室に所属する博士たちが集結しました。宇宙の起源や物理現象の研究に情熱を注いできた彼らは、膨大なデータを解析する日々の中で、「この技術を社会に活かせないか?」というアイデアを閃きます。

こうして誕生したのが、情報から価値を生み出す企業「アイズファクトリー」です。

1960年代 
第一次AIブーム(シンプルな対話システム誕生)
1980 
第二次AIブーム(人間が登録した「ルール」をもとに推論を行うシステム誕生)
1995 
windows95の発売
2000年
「IT革命」デジタル化の波さまざまな紙のメディアやツールも、デジタル技術に置き換えられる
2000年 
・意匠・商標・審判(審査)手続の電子化
・第三次AIブーム(AI自身が学習する仕組み「機械学習」が実用化)
・AI(人工知能)技術徐々に進化
2000年代初頭 クラウド・コンピューテング
2004年 
・スウェーデンのウメオ大学の教授であるエリック・ストルターマン氏が「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」と提唱
2006年頃 
・ディープラーニング登場
2006年 ジェフリーヒルトン deepleargningを提唱
2007年 iPhone(ITとインターネットは、私たちの日常に一体化)
2008年 日本でスマホ発売開始 メールやネット
2010年頃にSNSの普及やデジタル化、IT化が進みDXという言葉がビジネス界でも少しづつ浸透
2010年頃~ ビッグデータ時代
2012 GOOGLE 猫の画像を教師なし学習で抽出

2015 オープンイノベーション
2016 囲碁にかつ
日本では2018年に経済産業省がDXレポートを発信したことがきっかけで、DXという言葉が浸透し始め
2017 トランスフォーマー論文発表
2020年 新型コロナ テレワーク 
    オンライン会議 デジタルマーケティング
2022 ChatGPTリリース

2045 シンギュラリティ

  1. 2000年

    第1章:特許検索システムの開発

    当時、日本には知的財産権のデータベースがなく、特許情報の収集は困難を極めました。そこでアイズファクトリーは、特許情報の検索分析システムの開発に取り組みます。

    **「公報の要約」「キーワード抽出」「重み付け計算」「文書ベクトル化」「類似度算出」**といった技術は、現在の自然言語処理技術の礎となり、特許情報解析レポート自動作成サービスの開発に貢献しました。

  2. 2005年
    第2章:インターネット広告の隆盛

    2000年代中盤、インターネットの普及とともに、企業はインターネット広告に注目し始めます。アイズファクトリーは、大量のテキストから特徴を見つける技術を開発し、インターネット広告会社との共同研究を通じて、オンライン上のデータを収集し、キーワードを抽出、自動で分類する手法を開発しました。

  3. 2007年
    第3章:情報サイトの掲載内容整備

    インターネット上の情報サイトが増える中、アイズファクトリーは、店舗情報検索サイトにおける情報整備に貢献しました。

    **「文字列の標準化変換」「DB統合」「正規化」「類似住所評価」**などの独自技術を開発し、同一住所上に登録される複数の店舗を正確に識別し、情報を関連付ける仕組みを構築しました。

  4. 2007年~
    第4章:データから示唆を見出し予測する

    2010年代に入り、データ分析の重要性がますます高まってきました。アイズファクトリーは、テキストデータだけでなく、様々な数値データを解析して将来を予測する統計モデルの開発に取り組み、

    被災状況のトピック分析、国会議事録の傾向分析、裁判記録の主文抽出、税務申告データ分析、不良品検出、自動車の渋滞予測など、幅広い分野でデータ分析の経験を積んできました。

  5. 2011年~
    第5章:スコアリングモデルの確立と「bodais」の誕生

    2011年、アイズファクトリーはクラウド型BIプラットフォーム「bodais」をリリースしました。

    bodaisは、データサイエンティストの作業を一部自動化し、マーケティング、人事、財務など様々な分野で活用されています。

  6. 2014年~ 
    第6章:広告効果分析とアルゴリズムの開発

    2014年、アイズファクトリーは博報堂グループとの共同研究で、広告効果分析アルゴリズム「m-Quad」を開発しました。

    m-Quadは、各広告媒体が生活者に与える影響とその結果どれだけモノが売れるのかを定量的に示し、広告主の意思決定を支援します。

  7. 2013年~ ccc

    ccc

  8. 2016年~ 
    ccc

    ccc

  9. 2013年~ ccc

    ccc

  10. 2016年~ 
    ccc

    ccc

  11. 2016年~ 
    ccc

    ccc