企業のLLM導入への課題

近頃は多くの企業や団体において、業務効率化や労働人口減少による課題への対策として、生成AIの活用に大きな期待が寄せられています。
生成AIをいざ導入しようとする企業は、活用したいデータや導入目的を明確にした上で、生成AIを導入する必要があります。しかしその実は、明確な利用目的が不明瞭だったり、導入にあたっての費用や人材の課題により、まだまだ導入に踏み切れない組織も少なくありません。

アイズファクトリ―のLLMへの取り組み

アイズファクトリーは、この分野における20年以上の豊富な実績をもっており、2023年初頭からは自然言語処理技術(主にLLM)のビジネスでの活用に向けた研究開発、また一部企業へ導入が始まっています。

失敗しないLLMの導入は目的を共有してスモールスタートから

生成AIの利活用に苦戦したり期待外れのと嘆く組織も多い中、アイズファクトリ―はすでに複数の組織においてLLMを活用した実証実験を開始しています。お客様に寄り添いながら課題解決・目的達成に向け、真に必要とされるAIの活用をご支援させて頂いています。
データを活用によるゴールをお客様と共に見据え、小さな改善を積み重ねることで失敗のない生成AI(LLM)の利活用を支援しています。

さいごに

“AI”は魔法の杖では無いと語られることも多いですが、正しく理解し活用すれば、人々にとって大きな価値を提供するものであることも事実です。
アイズファクトリーは、豊富な実績と長年の研究に基づき、これからのAIと共生する時代へのサポートをさせて頂きます。


データ活用の専門家集団 株式会社アイズファクトリー

テキスト系生成AI・LLM活用のご相談はこちらから