アイズファクトリー、理学博士を中心に2000年4月設立
~ これまでの主な軌跡 ~

  1. 2000年

    株式会社アイズファクトリー創業
    特許検索システムの開発、テキストマイニング、自然言語処理(NLP)に注力。

  2. 2008年

    Twitterレポーティングサービス「つぶやきコンパス」の立ち上げ
    SNSのビッグデータ分析と自動レポーティングに特化した”つぶやきコンパス”を提供開始。

  3. 2011年

    「bodais解析エンジン」サービス開始
    顧客行動予測やDM配信の最適化ができるクラウド型の機械学習ツールを提供開始。データドリブンな意思決定支援ツールとして実績を積む。

  4. 2013年~

    データサイエンティスト人材育成事業
    独自の「データ活用ストーリー®」研修プログラムを通じてデータサイエンティストを育成。市場セグメンテーションやターゲットマーケティングにおけるデータ解析を強化し、企業の戦略策定に貢献。

  5. 2014年

    マーケティング投資配分最適化の技術研究、博報堂と「m-Quad」共同開発
    「構造型モデリング」「べイズ推定」などの手法を使い、マーケティングの投資配分最適化と、その先のマネジメントまでを継続的にサポート、マーケッターの意思決定を支援。

  6. 2015年

    独立行政法人科学技術振興機構「論文データ検索」プロジェクトに協力
    日本語テキストマイニングの複合語解析、特徴度、共起スコアを駆使し、膨大な論文・技術文書を検索可能に。利用者の業務ノウハウ共有や公共データの利活用に貢献。

  7. 2015年

    コールセンター向けのデータ解析サービス、合弁会社設立
    機械学習を活用し、顧客対応実績の分析を自動化・汎用化して、顧客と企業のニーズに応えるサービスを提供。

  8. 2016年

    プライバシー対応データ連携技術の特許出願
    個人情報を保護しつつ企業間データの共有と解析を実現する技術に関する特許を出願。
    特許出願:「個人情報保護と企業間データ共有の新技術」

  9. 2018年

    DX研修プログラムを開始
    企業のデジタル化を促進するための戦略立案から実行まで、幅広い知識・スキルを提供。中核的人材の育成に貢献。

  10. 2023年

    クローズド環境で大規模言語モデルを活用できるシステムを提供
    オープンソースを活用し、クローズド環境で大規模言語モデルを活用できるシステムを提供。企業固有データが再学習される懸念なく、データ分析や顧客サービスの効率化に貢献。

  11. 2024年

    LLM技術による事業領域の拡大
    「bodais」を用いたLLM(Large Language Models)技術の強化を通じて、事業領域の拡大を目指す。この取り組みにより、自然言語処理と機械学習の融合による新たなビジネス機会を探求。



データ活用の専門家集団 株式会社アイズファクトリー

テキスト系生成AI・LLM活用のご相談はこちらから